専業主婦がサラ金を利用する方法

夫に黙って…は不可。専業主婦さんに教えます。消費者金融利用の心得

専業主婦の皆さん、日々の家事ご苦労さまです。専業主婦というと夫の収入で暮らしているため、パートなどしている主婦の目から見ると羨ましがられる傾向が強いと思いますが、そんな甘いものではないですよね。家事という仕事がある。しかも給与は出ない。休みもない。家事はこなして当たり前、という目で見られがち。夫には小遣いがあるからいいけど、専業主婦には小遣いすら与えられない。欲しいものがあったら、夫に相談する。これじゃあストレス溜まりますよね。あのバッグ欲しいんだけど、夫の許可が出ない。ああ、自由に使えるお金がほしい。そこで消費者金融からのキャッシングを検討する。でも事実上無収入の専業主婦に融資してくれる会社なんてあるのかしら? そんな疑問が湧いてくると思います。そんな時に備えいくつかのポイントをご紹介します。

総量規制という規制があります。貸金業法による規制です。借入をする際に年収の3分の1までしか借入ができないという決まりです。専業主婦は年収がゼロ。総量規制から考えると借入ができないということになってしまいますね。このため多くの消費者金融は専業主婦が借入れを希望した場合、配偶者つまり夫の同意書、配偶者であることを証明するもの、そして配偶者の収入証明を提出してもらい審査する、という手順を採用しています。旦那さんに内緒で融資を受けるのはちょっと難しいですね。また、専業主婦用のサービスを行なっていた金融会社がサービスを終了しまうなどの例も見られます。なかなか厳しい現状ではあります。

ただし金融会社によっては先に紹介したような手続きが不要で本人確認だけで審査・融資可能な場合もあるようです。

個人的な意見ではありますが夫に内緒で融資を受けるのは避けたほうがいいでしょう。万が一返済に困ったときに自分一人で問題を抱え込まなければなりません。また生活費が足りないための融資も避けたほうが良いとのアドバイスもあります。融資を受けるということは借金をするということです。お金に関してはトラブルが発生するとどんどんと大きくなっていくものです。これぐれも慎重に検討しましょう。