刑務所服役中のサラ金の返済

素朴な疑問。刑務所に服役中は消費者金融の返済はしなくていいの

サラ金による借金苦を理由に強盗などの犯罪を犯してしまい、逮捕され刑務所に服役することになった。ありえなさそうで、ありえるシチュエーションですよね。お金の問題は犯罪の動機として一番多いと聞いたこともあります。コンビニ強盗なんて結構このパターンが多いような気がします。さて、そうなった場合服役中の返済に関してどのように扱われるのか、という疑問が生じます。刑務所から返済なんてどう考えても無理です。借入れには時効があります。5年を過ぎたら返済しなくていいと定められていますが、これが適用されるのでしょうか? 

まず時効は適用されないそうです。よって服役中は未返済扱いになります。出所してから返済を続けるということになるわけですね。ちなみに受刑者は釈放の際、作業報奨金というお金が支給されるそうです。

出所してから返済を続けるということなるのですが、それは現実として可能なのでしょうか? 復帰後に職につくのは差別などもつきまとい、とても困難なものになるでしょうし、職につけたとしても、以前よりも支払い能力は低いものになってしまうことは免れないでしょう。結果的には債務整理をすることになるケースが圧倒的に多いようです。だからといって犯罪を犯すようなことは考えないでくださいね。

サラ金にかぎらず、お金を借りるということはとても大きな問題に発展する可能性があるということですね。よく考えて自分の経済力と相談して計画的な利用を心がける。借り過ぎは避ける。この一言につきます。