元金とは何か?

消費者金融利用のイロハのイ。元金って何。利息とは違うの

元金とは借りた金額のことです。十万円借りれば元金は十万、百万円なら元金は百万円ということになります。では元金十万円で月一万円の返済で契約したとします。これなら十ヶ月で完済できるのかといえば、それは間違いです。利息があるからです。元金の設定はとても重要です。元金によって利息が決まり返済額も変わってくるからです。くれぐれも必要以上に元金を設定しないこと。自分の収入をよく把握した上で、よく考えて決めていきたいものです。

元金とは何かがわかったところで次に返済方法について説明していきます。返済方法はいくつかの種類があるのですが、多くの消費者金融会社が採用しているのが、毎月決められた金額を支払っていくが、その金額が元金の残高に応じて変動していくというものです。この方法だと借入当初は元金が利息のためになかなか減らないので、支払金額は多くなりますが、次第に元金が減っていくことと連動して利息も少なくなっていくので支払金額も減っていくという特徴があります。追加借入れがしやすいために採用された返済方法だといわれています。ただし支払金額が減ったからといって油断しないように。利息の存在を忘れずに。利息も含めて返済しているわけですからちょっと矛盾しているようにも感じられますが、元金がなかなか減らないということになるのです。コツとしては、余裕のあるときには返済額を多くして可能な限り元金を減らしていくよう意識しましょう。