いざというときは弁護士に相談

サラ金で首が回らなくなった時の頼みの綱。弁護士に相談しよう

唐突ですが、最近引っ越しをしました。今は通勤にJRを利用していますが、引越し前は私鉄を使っていました。その私鉄の車内に「債務整理はお任せください」「借金問題はひとりで悩まず、まずはご相談ください」といった弁護士事務所の広告がやたらと多かったことが印象に残っています。同時に消費者金融の広告も多かったように思います。同じ車内に消費者金融と債務整理の広告が混在していたのは今考えてみると面白い現象でした。前置きはこのぐらいにして本題に入りましょう。消費者金融などの借金が重なりどうすることもできなくなったときあなたならどんな方法を取りますか? 夜逃げ? まさか自殺なんて考えていないでしょうね? 自殺なんて最悪の結果しかうみませんよ。絶対にそんな選択はしないでください。

専門家に相談し、法律に則った解決方法を選択すべきです。そのための強い味方が弁護士です。弁護士に依頼して債務整理するのです。債務整理にはいくつかの種類があります。自己破産もそのうちのひとつです。破産というとあまりいいイメージではありませんが、借金に苦しまなくて済むのであれば、選択する余地はあるのではないでしょうか。他にも任意整理といって、借金を減額する方法もあるのです。弁護士に相談すればいまのあなたに合った一番適切な方法を考えてくれるはずです。前述の車内広告ではないですが、ひとりで悩まずにまず弁護士に相談しましょう。もちろん有料ですが、厳しい取り立てや催促から逃れることが出来て、新しいスタートを迎えることができるのですからぜひ活用していただきたいと思います。