金利とは何か

消費者金融利用の前に知っておきたい金利の話

金利に関して何も知らずに消費者金融を利用するのは考えものです。金利について充分理解したうえでキャッシングしましょう。

金利とはお金を貸す代わりに払う使用料の比率と定義することができます。消費者金融からキャッシングする場合、○○円貸してあげるからその利用料として○○円払ってね、という事になるわけですが、利用料の計算のもととなるものが金利。ちなみに利用料というのが利息にあたります。消費者金融の歴史をみてみると金利が100%以上という信じられない時代もあったそうですが、現在ではもっと引き下げられ、目安として元金が10万円までが20%、100万円未満が18%、100万円以上で15%となっています。銀行よりも高い数字ですが、審査が厳しくない分、金利が高いというのが消費者金融の特徴です。

この金利を元に利息の金額が決められます。毎月の利息は、

利用残高×金利÷365×利用日数

で計算出来ます。

例えば10万円借りて金利が20%だとした場合、1620円が利息となります。毎月1万円ずつの返済で契約したならば、1万円から利息として1620円引いた8380円が元金から引かれ、残高は91620になります。翌月はこの残高を元に利息が計算されます。この繰り返しで月々の返済を行い、元金の残高がゼロとなって完済ということになります。返済額の中で利息が意外と大きな割合を占めていますね。そのために元金がなかなか減らない。ここに注目してください。

金利の重要さがお分かりいただけたかと思います。利息を支払うため元金がなかなか減らず、長期にわたって支払いを続けなければならない場合もあるため、金利は軽視できません。

金利は各社によって違ってきますので比較サイトなどで確認するといいでしょう。