サラ金は保険書から何を判断するのか?

サラ金は保険証からどんな情報を引き出しているのか気にならない?

サラ金を利用する際、本人確認書類として運転免許証や健康保険証が必要になります。運転免許は顔写真が付いているので本人だと確認ができますが、健康保険証は住所と生年月日ぐらいしか確認できません。しかも住所は手書きで本人が記入する形式のものが多い。だから紛失などした場合、悪用される心配もあるわけです。本人確認書という意味ではあまり効果がないと思われる健康保険証から、サラ金会社はどんな情報を得て、審査に役立てているのでしょうか。

これは想像の域を出ませんが、社会健康保険だった場合、顧客は会社に勤めていることになるから収入は安定しているだろう、対して国民健康保険だった場合は自営か無職の場合もありえるので収入が安定していない場合もある、と判断するのではないでしょうか。もしそうだとしたら社会健康保険証のほうが有利だということになります。収入が多くても自営業より会社員の方が審査が通りやすいという説があります。それが本当なら会社員のほうが、これから先も収入面では安定しているとサラ金は判断するのでしょう。無職はいうまでもありませんが、やはりお金を貸す方としたら長い目で見ると収入が安定している方を評価するということなのでしょう。

逆にいうと、ネットなどで見かける「健康保険証不要」と謳っているサラ金は、限りなくヤミ金に近いと考えたほうがよさそうですね。審査が甘い分、罠が待ち構えていると思ったほうがいいのかもしれません。