故人の借金をどう処理するか?

サラ金返済中に親が死亡。どうする?残された家族がとるべき行動

親や家族が亡くなったあと、サラ金などの返済が残っていた場合、残された家族に支払い義務が生じるのかどうかは気になるところです。特に生前借金をしていたことを家族に内緒にしていた場合は寝耳に水、混乱してしまうのも無理はありません。返済しなければいけないのか、そんな義務はないのか。専門家でなければすぐに判断出来ません。

まず保証人になっていないかどうかが大きく関わってきます。保証人になっていれば返済の義務は生じると思って間違いないでしょう。もっとも保証人を立てるということは家族に内緒で出来る話でもなく、本人が返済できない場合の保証をした人なのですから、悩む余地はないと思います。

内緒だったときは、返済をしなくていい場合があるというのが結論です。財産の相続を放棄すれば返済義務はありません。相続の放棄とは故人が所有していた不動産や預貯金などの引き継ぎも放棄することになります。相続放棄には手続きが必要です。相続が始まってから3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きすることになり、これをしないと自動的に相続したことになってしまいます。返済額が不動産や預貯金でまかなえるのであれば相続し、返済してしまうという方法も選択肢のひとつです。

金融会社によっては本人が死亡した場合の対応は異なるため必ずしも、「残された家族が引き続き返済しろ」とならないケースも有るようですが上記のような方法があることを覚えておくといいでしょう。家族が亡くなったことに便乗して悪質な業者が違法な取り立てをするケースもありますので、怪しいと感じた場合は自己解決しようとせず弁護士に相談することをおすすめします。