サラ金カードとクレジットカードの違い

紛らわしい。サラ金カードとクレジットカードってどこが違うの?

大手のサラ金会社は自動契約機を設置した、いわゆる無人店舗を展開しています。気軽に契約できるのがメリットですね。同時に返済機能、借入れ機能を備えたATMを設置している場所も増えています。サラ金カードはこのATMを利用するために特化されたカードのことを指します。わざわざ窓口まで出向かなくてもATMで返済・借入ができ、より便利になりました。24時間受付をしているATMもあるため忙しい現代人のニーズに合わせた事業を展開しているわけです。

対してクレジットカードのほうはというと、買い物の際に利用者に代わって代金を立替してくれるためのカードですね。カード会社が立替してくれた代金を翌月に一括で返したり、リボ払いで返したりする、そんな機能のカードですが、キャッシングも出来てしまうものもあるのでサラ金カードとの区別がつきにくくなっているのが現状です。加えてサラ金カードの中にもショッピング利用機能のついたものもあるようです。通常のクレジットカードより審査が甘く、一定の収入があればアルバイトでも持つことが可能という話もあります。キャッシング機能付きクレジットカードとショッピング機能付きサラ金カード。こうなってくると明確な線引ができません。サラ金カードはより利用しやすいように金融会社が考えだした施策のひとつといえるかもしれません。

とはいえお金を借りるという事なのですから便利になったとはいえ、借りすぎには注意したいものです。