消費者金融の増額に応じるべきか?

消費者金融から借入限度の増額連絡が来た。もっと借りていいのかな?

借入限度額は消費者金融会社があなたのことを信用して「この人にだったら○○円まで融資してもいい」と判断し決定するものです。基本的にはこちらから増額の申し出をしないと限度額は上がらないケースが殆んどですが、会社によっては限度額の増額を連絡してくる場合もあります。毎月きちんと返済していれば、信用度が上がるというわけですね。消費者金融会社も商売をしているわけですから、限度額を上げて、もっと利用してもらおうというわけです。

もっと沢山貸してあげるといわれたらどうしますか? 個人的な意見ですが必要ない限りは多く借りるのは避けたほうがいいのではないかという気がします。限度額が上がったからといってそれにつられて借金の額を増やすというのは考えものだという気がしますよ。いま、借金という言葉を使いましたが、消費者金融を利用するということは借金をするということです。借りたものは返さなければいけません。いまさら言うまでもないことですね。

自分の経済力を知るべきです。これまで50万円だった限度額が100万に上がったからといって70万円借り入れしたとします。途端に返済が難しくなった。これでは本末転倒です。

限度額増額のための手続きをするかどうかもよく考えて判断しましょう。当然ですが増額の申し出をすれば改めて審査が必要になってきます。収入証明書などを再提出しなければならないし、審査が通らなければ増額は認めてもらえません。お金が必要なのはわかりますが、だからもっと借りたいではなく、いまの経済状態でいかに借金を最小限に抑え生活できるように工夫するかを考えたほうが賢明です。