銀行傘下に入り変わったサラ金のイメージ

銀行傘下でイメージが大きく変わった。消費者金融業の今

大手の消費者金融会社が銀行の傘下に入ったり、提携などしています。どのような理由があるのでしょうか。

まず消費者金融の歴史をひもといてみると、過去にはサラ金という呼称であまりいいイメージはありませんでした。大手はともかくとして悪質な業者を利用したため、借金地獄に陥り自殺などの事件が社会問題化した時期がありました。イメージ改善のためサラ金ではなく消費者金融という呼称を全面に打ち出したり、借金ではなくキャッシングという呼び方を普及させていきました。その甲斐あって今では以前ほど悪いイメージではなくなり、利用者も増えて来ました。そして最近の銀行との提携。消費者金融側からすれば銀行と手を組むことで、銀行のノウハウを活かすことができるとともにイメージアップにもつながると考えたのではないでしょうか。大手の銀行の名前が使用出来ればさらにイメージは良くなるし、これまで消費者金融を避けてきた顧客の利用も見込めるでしょう。資金に関しても銀行と手を組んでいればより安定するはずです。また銀行側からすれば新たな分野を開拓できるというメリットが考えられます。市場・ノウハウはすでに消費者金融側が持っているので問題ないし、リスクも少なく新事業を展開できる。両者の考えがうまくマッチしたうえで提携といえるのでしょう
とはいえまだ始まったばかりですので、これが成功するのか失敗するのかは予測がつきません。

消費者金融は新たな戦略でさらに成長しようとしています。それ自体は悪いことではありませんが、利用者として忘れてはならないのは借金をするという意識です。返済が困難になるような事態にならないよううまく利用していきましょう。